日本平動物園を楽しもう!8つのおすすめポイントと3つの注意点

日本平動物園のアシカ 中部

今回は静岡市にある日本平動物園へ。

浜松市にも動物園はあるけど…正直我が家は日本平動物園推し…!一度行ってみる価値ありです。

浜松からのアクセス

車⇒東名高速(浜松IC⇒静岡IC)利用で約1時間
電車⇒新幹線利用で約1時間半、在来線利用で約2時間

日本平動物園基本情報

  • 住所:静岡県静岡市駿河区池田1767−6
  • 利用料金:一般(高校生以上)610円、小・中学生150円(未就学児児は無料)その他団体割引等あり⇒詳しくはこちら
  • 駐車料金:普通車610円
  • 定休日:毎週月曜日(祝日、振替休日のときは翌平日)、12月29日~翌年1月1日まで
  • 開園時間:9:00~16:30(入園は16:00まで)

東名高速「静岡IC」から約20分、「清水IC」からだと約25分です。

日本平PAからなら近いのですが、残念ながら日本平PAにスマートICがなく降りることができません。

割引・クーポン情報

日本平動物園のクーポンは正直手に入りにくいです。

今確認できているのは、

  • 開園記念日割引(8月1日)-無料
  • 企業の福利厚生(ジョイブ静岡)
  • 静岡市民の割引
  • ホテル宿泊客に対する配布

だけ。どれもハードルが高いですよね。

セブンイレブンで入園券を購入することはできますが、割引にはなりません。

メルカリなどで事前に購入するのが一番手っ取り早いでしょう。

動物園の全体図

日本平動物園の園内マップ

かなり広いです。

我が家(6歳&2歳児連れ)はすべて回るのに4時間かかりました

日本平動物園のおすすめポイント5つ

1.安い!

大人が610円とリーズナブル。

ただ、駐車料金も610円なので、夫婦で入園料1,220円+駐車料金610円=1,830円。

「超安い!」というほどではないけど水族館の入館料に比べては安いです。

⇒入園料金について詳しくはこちら

2.動物がキレイ、元気

他の動物園と比べると毛がモサモサだったり、全体的にキレイな状態の動物が多い印象。

この日がたまたまそうだったのかもしれませんが、寝ていてずっと動かないということもなく動物に活気があるように感じました。

日本平動物園のキリン

▲こんなきれいな顔したキリンを見たのは初めてかもってくらい気品のあるキリンだった。

見る方も動物がイキイキしてると気持ちがいいですよね。

3.園内がきれい

動物園の中でも「どこへ行ってもなんだか臭い…」って園がたまにあるんです。

が、この日本平動物園は臭いがあまりない

動物の檻の中もきれいに掃除されている印象がありました。すごく快適に過ごせた印象です。

3.展示方法が工夫されている

例えばペンギンは、3つの角度から見ることができます。

日本平動物園のペンギン(上から見た写真)

▲上からも

ペンギンの水槽を横から見る

▲横からも

日本平動物園のペンギンを下から見る

▲下からも。

日本平動物園のアシカ

▲みんなが夢中になっていたゴマフアザラシの水槽。筒の中を泳いでいく様子を見ることができます。

4.動物が近い

展示方法が工夫されているのと同時に動物が近くで見れるというのがあります。

日本平動物園のジャガー

▲ジャガーもこんな近くで!模様が美しい…。

日本平動物園のシロクマ

▲シロクマもこんな間近から観察することができます。

日本平動物園のゾウ

▲ゾウも大迫力!

5.ふれあい体験が多い

日本平動物園のふれあい広場「ふれあい広場」ではたくさんの動物と触れ合うことができます。

日本平動物園の乗馬体験

▲乗馬体験もできます。

日本平動物園のふれあい館

▲ふれあい館。

日本平動物園のふれあい館にいるモルモット

▲モルモットさん達。

日本平動物園のふれあい館でのイベント

▲スタッフの方による説明などが行われた上でふれあう動物もいるので安心。

6.動物の骨の展示が多い

これはもう個人的な好みなのですが(笑)

エントランスゲートからすぐのところにある「ビジターセンター」の中には動物の骨がたくさん展示されています。

日本平動物園のビジターセンターの中

息子は興味津々!

ここまで骨が展示されている動物園はなかなかないんじゃないでしょうか。

7.遊園地コーナーがある

遊園地とは言ってもメリーゴーランドと100円乗り物くらいですが、子どもは大喜びです。

日本平動物園のメリーゴーランド▲メリーゴーランドと水上を動く乗り物。

8.オートチェアには乗るべし!

遊園地のすぐ横に「オートチェア」と「ローラースライダー」乗り場があります。

これに乗ると

日本平動物園はオートチェア

いつもスルーしていたのですが、今回初めて乗って感動。

日本平動物園の展望広場から見た景色

頂上では静岡の街から駿河湾までを一望できる最高の景色が広がっていました。

お弁当をここで食べている人もチラホラ。

日本平は有名な景勝地なんですよね。

帰りはまた片道料金を払ってオートチェアに乗るか、ローラースライダーで滑って帰ってくるか選べます。あ、階段もありましたがかなり辛いと思います(笑)

オートチェア 片道大人100円、小人(小学生)50円
ローラースライダー 片道大人200円、小人(小学生)100円

注意点3つ

1.坂道が多い

さすが日本平。園内は坂が多いです!

中には傾斜が結構キツイ場所も。

日本平動物園の坂

▲分かりにくいけどベビーカーを押すのも一苦労な息子。

3.ベビーカーのレンタルは有料

日本平動物園でレンタルできるベビーカー

ベビーカーのレンタルが1日300円

また利用は「首のすわったお子様から2歳未満まで」となっているので、2歳以上のお子さんはベビーカーやバギーを持参することをおすすめします。

※2歳未満=2歳は含みません

4.入り口は2ヵ所ある

日本平動物園には入り口が「エントランスゲート」と「東門」の2つがあります。

日本平動物園の東門とエントランスゲートの位置

この日は東門から入園した我が家。

日本平動物園の東門

ちょうどスタンプラリーのイベントをやっていたのですが、「受付はエントランスゲートからのみ。」と書かれていてガッカリ。

そういったことがないためにもできればエントランスゲートから入ることをおすすめします

オマケ

バイソンの檻の前で一生懸命写真を撮っている人がいたから覗いたら…

日本平動物園のバイソンの檻に入っていたぬいぐるみ

ぬいぐるみが置いてあってズッコケた!(笑)

こういう遊び心、いいですよね。

まとめ

園内はキレイだし、動物に活気もある。だけどそれほど混雑もしていないので、我が家のお気に入りNo.1動物園なのが日本平動物園です。

なにがいいって動物好きじゃない子でもそれなりに楽しめること。

我が家の娘は動物が大好きですが、息子はそれほど動物好きじゃない。

だから動物園に行くって言うと「え~」という感じなのですが、日本平動物園なら小さな遊園地やローラースライダーがあったり、骨が展示されていたり間近でトラなどが見れるため、飽きてしまうことがありません。

大きな子どもから乳児まで長時間楽しめる動物園だと思います。

周辺情報

久能山東照宮

徳川家康公が祀られた最初の神社。静岡の唯一の国宝建造物です。

入り口は2ヵ所あり、北側からはロープウェイ、南側からは階段で入ることができます。ただこの階段はかなり段数があるので、高齢者や子連れだとキツイです。

アクセス:日本平動物園からロープウェイ乗り場まで車で約10分、南側入り口までは約30分
住所:静岡市駿河区根古屋390
公式HP:久能山東照宮

静岡県立美術館

子連れでもOKな美術館。口コミ評価も高く、親子向けイベントなどもやっています。

アクセス:日本平動物園から車で約10分
開館時間:10:00~17:30(入室は17:00まで)
料金:大人300円、大学生以下無料
住所:静岡市駿河区谷田53−2
公式HP:静岡県立美術館|日本平のふもと、緑に囲まれた美術館

天下泰平の湯すんぷ夢ひろば – 大江戸温泉物語

我が家がいつも日本平動物園に行った後に寄っていく銭湯。広くてお風呂の数も多く、食事処もあるので長時間過ごせます。宿泊も可。土日でもそれほど混雑していません。

アクセス:日本平動物園から車で約15分
料金:平日-大人700円、小学生400円・土日祝-大人900円、小学生400円
住所:静岡市駿河区古宿294
公式HP:天下泰平の湯すんぷ夢ひろば – 大江戸温泉物語