ワンオペ日帰り旅行へ行って分かった『心構えと注意点』8つ

ワンオペ日帰り旅行に挑戦してみよう 子連れ旅行のいろは

どこか旅行行きたいなーとは思っても最近仕事が忙しい夫。そのため休日は寝ていることが多く、こちらとしても疲れているのは分かっているから「手伝ってよ!」なんて言いにくい雰囲気で、割り切って「土曜日はパパは1日お休みの日」に設定した我が家。

近場の公園も飽きたし「そうだ、遠出をしよう」というノリで行ってきました、日帰り旅行。

結果、ものすごく大変だったけどいい思い出になりました。

ただね…事前に準備をしておった方がいいです(;´∀`)
実際行ってみて分かった注意点や用意しておくべきものなどをまとめたので、これから行く人は参考にしてくださいね。

ワンオペ旅行に行くときの心構え8つ

スポンサーリンク

その1.行き先は超重要!子連れで過ごしやすい場所にすべし

一番大切なのがどこへ行くか。

場所選びがワンオペ旅行の運命を9割決めるといっても過言ではありません。

行き先を決めるときに以下の条件を満たしている場所が条件です。

  • 迷子の放送をしてくれる
  • 施設内に飲み物や食べ物が売っている
  • おむつ替えスペースがあるところ
  • トイレが整備されているところ
  • 柵のない池があるなど危険な箇所がないこと
  • 混雑しすぎていないこと
  • 少し離れても姿が見えるところ(遊園地などは建物が多く死角が多い)
  • 自宅から遠すぎない
  • ベビーカーを使うなら、坂が少ない・バリアフリーであること
  • 上の子も下の子も楽しめる場所

たくさんありますね(;´∀`)

また、できれば一度でも行ったことがある場所だと安心です。

ただし、ここで気を付けたいのが行き慣れている場所だと逆に大変になるということ…。

我が家も10回以上行っている動物と触れ合えるレジャースポットにワンオペで行ったのですが、5歳の長男はここに来たら毎回カキ氷を食べるのがお決まり。

だからこの日も「カキ氷食べる!」とワァワァ言い出し勝手に飲食スペースに逃亡、「まだ動物を見たい」と暴れ泣く下の子を抱えて追いかけるという事案が発生しました。

施設内のどこになにがあるのか子どもにバレてるのは、逆に危険かもしれません…!

静岡県民の我が家が行ったのはまかいの牧場-日本一富士山の絶景を望める静岡の牧場というところ。家から車で2時間未満、新東名もあるから渋滞回避しやすい、2度行ったことがある、広くて見通しがいい、動物がたくさんいるから上の子も下の子も楽しめる、売店などがある)という条件を満たしていたのでココに決めました。

スポンサーリンク

その2.食事をどうするのか考えておく

ワンオペ旅行の鬼門、それは食事…!

一人で子ども2人、3人連れての食事はホント大変。食べ終わるタイミングも違うから、先に食べ終わった子が騒ぎ出したりして。

なのでこういった時はレストランなどで食べるより、外でレジャーシート敷いてお弁当やコンビニ弁当で済ますのが一番楽です。

あとはSAの食堂やフードコート、ファミレスなどなど。味やオシャレさなんて求めちゃダメ!

「栄養とか野菜が~」なんて考えない。最悪お菓子やおにぎり1個でも食べれば合格!くらいの気持ちでいた方が楽です。

1日お菓子で過ごそうが死んだりしませんから、大丈夫!

お腹さえ満たせればOKです。

コンビニの店内

その3.広いスペースのトイレがあるか確認する

多目的トイレ

上の子が大きいなら外で待っててもらえばいいのですが、できれば全員一緒に個室に入れると安心ですよね。

多目的トイレや子どもOKのトイレがあるのかなどは事前にチェックしておいた方がいいです。

乳児がいる場合は、授乳室の有無、なければミルクで対応するなどしましょう。

その4.計画通りにしようと思わない

ワンオペ旅行は絶対計画通りにはいきません!断言できます。

施設内もすべてをまわろうとしなくてもOK!

せっかくココに来たのに○○に行かないなんて…ということが起きるかもしれません。

でもそういう気持ちになるとイライラしてしまうし、子どもを無理矢理連れていくと揉めるしいいことありません。

「また来ればいっか」くらいの気持ちで過ごしましょう。

その5.お金はケチケチしない

自販機でジュースが飲みたいと言い出すのをなだめたり、乗り物に乗りたいというのをなだめたり。

だけどそんなことしてるとこっちもイライラしてくるし、最悪子どもがいじけて動かなくなる…なんてことも。

こんな時ばかりは我慢しない!今日くらいいいか!という気持ちでじゃんじゃんお金を遣っちゃいましょう。

とはいえ、我が家もムダに高いお土産なんかは買わせませんが(;´∀`)

その6.お土産はあきらめろ!

木彫りの熊

子連れで買い物ってただでさえ大変じゃないですか?

しかもお土産屋さんっておもちゃが売ってたりするから、遊びだしたりその場から動かなくなったりしてもう大変。

だからお土産屋さんはスルーしましょう(笑)

サービスエリアやコンビニにも売ってますから大丈夫!

その7.車で行くのが断然楽!

ワンオペ旅行なら一番楽なのはやっぱり車ですね!というより私は車以外の選択肢がありません。

着替えやベビーカーも積めるし、食事もとれる。雨が降っても車に避難できるし、昼寝にも困らないし、他人がいないから泣いたって誰の迷惑にもなりません。運転中は子どももチャイルドシートに座っていてくれるから、こちらも気が楽。休憩になります。

車がない場合でも、レンタカーは半日で5、6000円程度で借りられます。(もちろんチャイルドシート貸し出しアリ)

電車や新幹線を使うより車で行った方が10倍楽だと思うので、ぜひレンタカーを借りてでも車で行くことをオススメします。

(ただしペーパードライバーの方は気をつけて…!)

その8.観光地やスポットは多くても2か所に絞る

ワンオペ旅行で大変なのが移動。

電車でも車でも乗ったり降りたりは大変です。せいぜい2か所までにしておきましょう。

できれば1日楽しめる場所に行くのがベストです。

イライラの原因をつくらないことが一番大事!

「もったいない」と思ってもお金をケチらないことも計画通りにいかなくても諦めることも、結局はイライラしないため。

一度イライラし始めるとその気持ちをおさめる暇もないのがワンオペ旅行の辛いところ。

上の子が反抗して下の子に抱っこを求められ…。

楽しい思い出にしようと思って来たはずの旅行なので、ストレスを溜めない、イライラしないということを一番に楽しみましょう(*‘ω‘ *)