雨でも子どもが遊べる場所がいっぱい!「伊豆めんたいパーク」へ

めんたいパーク伊豆のロゴオブジェ静岡県伊豆のテーマパーク

伊豆縦貫道から降りてすぐ!アクセス抜群のめんたいパーク伊豆へ。

ここは創業半世紀の明太子専門店・かねふくが運営しているテーマパーク。

なんと入場料は無料です!

今回は、子どもたちとキッズスペースフードコーナー足湯を楽しんできました。(工場見学はしませんでした)

スポンサーリンク

めんたいパーク伊豆ってこんなとこ!

  • 大きなキッズスペースがある
  • 明太子をつかったフードメニューが食べられる
  • 工場直売の明太子のお土産が買える
  • 工場見学ができる
  • 富士山が見える足湯が楽しめる

良かったところ

  • 入場料が無料!
  • キッズスペースがあるから1人が遊ばせて、もう1人はゆっくり買い物ができる
  • タッチパネルで遊べてクオリティが高かった
  • トイレがきれい
  • 足湯には使い捨て足ふきが置いてあった
  • 伊豆縦貫道を降りてすぐだから、アクセスしやすい!

イマイチだったところ

  • タッチパネルが4つしかないから子ども同士取り合いになる
  • キッズスペースは広いけど、土日は混雑する
  • フードメニューはほとんど明太子が入っているから2歳娘には心配で食べさせるのはやめておいた(隣に道の駅があるからそこで食べた)

かねふく めんたいパークへ!

めんたいパーク伊豆のロゴ看板前で撮影した親子

▲駐車場からめんたいパークへ向かう途中、ロゴのオブジェが。撮影スポットになりそうです。

つぶつぶランド

めんたいパーク伊豆のつぶつぶランド

▲つぶつぶランドは、明太子について楽しく勉強できるコーナー。

他にも映像があったり、スケソウダラについての展示、明太子ができるまでの過程のアニメもありました。

キッズコーナー(タラピヨキッズランド)

2階に行くと、子どもが遊べる広ーいスペースがあります。もちろん無料!

めんたいパーク伊豆のキッズスペースにある富士山のすべり台

▲富士山のすべり台!

めんたいパーク伊豆の靴置き場

▲ここは靴は脱いで遊びます。

めんたいパーク伊豆にある子ども用ボルダリング

▲ボルダリング。色で難易度が分かれています。

めんたいパーク伊豆のタッチパネル遊び

▲タッチパネルで遊ぶことができます。

めんたいパーク伊豆のタッチパネル

▲無料でいいの?!と思えるほどクオリティの高いゲームが盛りだくさん。

めんたいパーク伊豆のブロック遊び場

▲ブロック遊び場も!

めんたいパーク伊豆にあるお茶サーバー

▲キッズスペースの横には、休憩スペースが。緑茶、水が無料で飲めるサーバーが置いてあります。

めんたいパーク伊豆の授乳室

▲授乳室もありました。これはありがたい!

足湯

めんたいパーク伊豆の足湯入り口

▲足湯の入り口。利用時間は、平日16:30、土日祝17:00までとなっています。

めんたいパーク伊豆の足湯

▲この日は平日だったので、貸し切り状態!ちょうどいい温度で気持ちいい~。

めんたいパーク伊豆の足湯

▲愛鷹山の後ろに富士山が見えました。この日は少し雲がかかっていて残念!

めんたいパーク伊豆の足湯に置いてあった足ふきペーパー

▲足を拭くペーパータオルが置いてありました。しかも使い捨て!こんなご時世だからありがたい。

フードコーナー

めんたいパーク伊豆のフードコーナー

▲お腹が空いてきたので、1階のフードコーナーへ。

めんたいパーク伊豆のフードメニュー

▲明太子のフードメニューがいっぱい!

お土産コーナー

めんたいパーク伊豆のお土産コーナー

▲工場直売でできたての食品が買えます!工場直売なので、明太子がお得な価格で売られています。他にも明太子の加工食品などなど。

めんたいパーク伊豆の工場直売所

▲スタンダードな明太子を購入!

保冷剤と保冷バッグは有料なので、できれば持参して行きましょう。

まとめ:

無料でここまで楽しめるのはありがたい!

子どもが遊べる場所がたくさんあるので、1人が遊ばせて、片方がお買い物を楽しめるのも◎。

隣に道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」があるので、ついでに寄っても良し!

ただ、平日だから良かったものの、休日は混雑間違いなさそう。今のご時世は室内で混雑時に来るのは不安だなと思いました。

めんたいパーク伊豆の基本情報

施設名めんたいパーク伊豆
住所〒419-0124 静岡県田方郡函南町塚本753−1
アクセス伊豆縦貫道「函南塚本IC」を降りてすぐ
駐車場無料(180台)
営業時間9時30分~17時30分(土日祝9時30分~18時00分)

 

コメント