【宿泊レポ】ウフフヴィレッジのトレーラーハウスで子連れグランピング

ウフフヴィレッジのトレーラーEタイプの外観キャンプ場レポート

一度グランピングをしてみたいと思い立って、ずっと気になっていた伊豆の『ウフフヴィレッジ』に宿泊してきました。

今回泊まったのは、トレーラーのtype-E

初のグランピングということで、行く前は不安もあったけど、本当に満足度の高い旅になりました。

お得なプランを見る⇒ 『UFUFU VILLAGE(ウフフヴィレッジ)

スポンサーリンク

ウフフヴィレッジはこんなところだった

良かったところ

  • 食材の持ち込みがOK
  • スタッフさんの対応が良かった
  • BBQも朝食も質が高くておいしかった
  • トレーラーだと部屋の中にトイレと洗面台があって子連れには良かった
  • グランピング施設の中では、リーズナブル
  • 楽で清潔にアウトドア気分が味わえる

イマイチだったところ

  • お風呂までは外を歩いて行くから寒い
  • 夜は冷えるので、防寒対策をしっかりしていった方がいい(寝る時も厚着で)
  • ガゼボ(外の食事を食べる場所)はビニールのアコーディオン式のタイプだと冬は冷える
  • 追加注文するとき、フロントが遠いと辛い
  • トレーラーの中は、加湿器があっても乾燥してた

ウフフヴィレッジ宿泊レポ!

ウフフヴィレッジの受付外観

まずはフロントでチェックイン。

料金は前払いです。

ウフフヴィレッジのフロントにある手続き用タブレット

▲チェックインはタブレットで。

ウフフヴィレッジのカギ

▲カギをもらっていざお部屋へ!

グランピングサイトへ(部屋)

ウフフヴィレッジのサイトには

  • テントタイプ・・・・・5サイト
  • ドームテントタイプ・・・・・8サイト(うち3サイトはペット同伴可)
  • トレーラータイプ・・・・・10サイト(うち3サイトはペット同伴可)

があります。

ウフフヴィレッジのトレーラーハウス

▲私たちが今回泊まったのは、「トレーラーハウスのE-type」。

D-typeが定員4名、E-typeが定員6名。

E-typeには、

  • クイーンサイズベッド×1台  
  • ソファーベッド2台、シングルサイズ二段ベット1台

があります。

ウフフヴィレッジのトレーラーの内装

▲中に入ると…思ったより良い!オシャレな感じでテンション上がりました。

ウフフヴィレッジのトレーラーのキッチン

▲キッチン。広さがあって使い勝手が良さそうです。電子レンジもあるし、お湯も出ました。

ウフフヴィレッジのトレーラーの冷蔵庫

▲冷蔵庫。

ウフフヴィレッジのトレーラーのベッド

▲クイーンベッド。

ウフフヴィレッジのトレーラーの2段ベッド

▲2段ベッド。

ウフフヴィレッジのトレーラーの2段ベッドではしゃぐ子供たち

▲2段ベッドに子どもたちは大はしゃぎ!2段ベッドってなんかワクワクするよね。

ウフフヴィレッジの2段ベッドに亀裂

▲2段ベッドに木の割れたところがありました。口コミでも「ソファが破れていた」などがあったし、オープンから3年も経ってるからね~。子どもには少し危ないですね。

ウフフヴィレッジのトレーラーのトイレ

▲トイレ。トレーラーだと部屋にトイレがあるから安心。

ウフフヴィレッジのトレーラーの中にある洗面台

▲洗面台もちゃんとありました。

ウフフヴィレッジのトレーラーの中にあるシャワー室

▲シャワー室。お風呂は大浴場と貸切風呂がありますが、一度外に出ないといけないので真冬はシャワーでいいかなってなりそうです。(シャワーだけだとかえって寒い?笑)

ウフフヴィレッジのトレーラーのドライヤー

▲ドライヤーも置いてあります。

ウフフヴィレッジのトレーラーの中にあるテレビ

▲テレビも完備。

ウフフヴィレッジのトレーラーの中にある空気清浄機

▲テレビの下にエアコンがあります。

でも、夜はエアコン付けてても冷えました。厚手のパジャマを持って行って正確。

ウフフヴィレッジのトレーラーのハンモック

▲外にはハンモックが。

アメニティ

置いてあったアメニティは

ウフフヴィレッジのトレーラーに置いてあったアメニティ(タオル

▲歯ブラシ、ヘアブラシ、カミソリ、スキンケアセット。

ウフフヴィレッジのトレーラーにあったアメニティ(子ども用)

▲子ども用アメニティもきちんと用意されていました。

ウフフヴィレッジのトレーラーにあったアメニティ(子ども用)タオル・歯ブラシ

▲中身はこんな感じ!

パジャマはないので、必ず持って行きましょう。

テントの外:ガゼボ

ウフフヴィレッジのトレーラーのガゼボ

▲トレーラーの外、ガゼボ。

ここでご飯を食べます。

ウフフヴィレッジのトレーラーの外にある水道

▲流しもありました。タイルが可愛い。

遊具

ウフフヴィレッジの遊具広場へ行く道

夕飯まで時間があるので、遊具へ。

ウフフヴィレッジの遊具広場で遊ぶ子供

▲小さな子どもには十分!

ウフフヴィレッジにあるブランコ

▲ブランコもありました。

ウフフヴィレッジのトレーラーの親水広場

▲親水広場。夏は水遊びができるみたい。

ウフフヴィレッジの親水公園で遊ぶ子どもたち

晩御飯(BBQ)

夕食はBBQ!

ウフフヴィレッジの冷蔵庫の中に入っていた材料

▲冷蔵庫に具材が入っています。

ウフフヴィレッジのバーベキューコンロ

▲ここで具材を焼いていきます。

ウフフヴィレッジのバーベキューの具材(マシュマロ、クラッカー)

▲マシュマロ、クラッカーなどなど。

ウフフヴィレッジのBBQ

▲焼き焼き~。

ウフフヴィレッジの焼き芋

▲焼き芋がおいしい~!

ウフフヴィレッジの夕食のバーベキューで焼いたエビ

たくさん食べる人は、食材を買ってきておいた方がいいかもしれません。近くに道の駅があるので、そこで追加の食材を調達する人も多いようです。

ウフフヴィレッジに置いてあるランタン

▲ランタンが置いてあるので、夜はこれを持って外に出ます。

貸切風呂へ

ウフフヴィレッジには、大浴場と貸切家族風呂が3つあります。

ウフフヴィレッジの貸切露天風呂の入り口

今回は、貸切家族風呂を利用することに。

ウフフヴィレッジの貸切家族風呂の内装

▲中はこんな感じ!充分な広さ。

貸切家族風呂の化粧台

▲鏡台、洗面台、ドライヤーもきれいな状態でした。

ウフフヴィレッジの貸切風呂に置いてあるシャンプーなど

▲置いてあったのは、ハンドソープ、クレンジング、化粧水、入液。

ウフフヴィレッジの貸切風呂にあったドライヤーとアメニティ

▲ドライヤーは風が弱すぎずで使いやすかった。

ウフフヴィレッジの貸切風呂のアメニティの内容

▲ヘアバンド、ヘアブラシ、カミソリ、ナプキンなども置いてありました。これは助かる!

ウフフヴィレッジの貸切風呂にあった洗面台は清潔に掃除されていた

▲全体的に掃除が行き届いていて、気持ち良く入れました!

キャンプファイヤー

楽しみにしていたキャンプファイヤー。

ウフフヴィレッジのキャンプファイヤー場

▲時間は19時から21時まで。

ウフフヴィレッジのキャンプファイヤーの火

▲キャンプファイヤーがはじまりました(画質悪くてスミマセン)

ウフフヴィレッジのキャンプファイヤーを真剣に見つめる娘

▲娘は静かに火をずーっと見つめていました。こんな大きい火を見ることってなかなかないもんね。

ウフフヴィレッジのキャンプファイヤー場

▲花火OKな場所があるので、手持ち花火が楽しめます。

ウフフヴィレッジでもらえる手持ち花火

▲手持ち花火は330円。

ウフフヴィレッジの手持ち花火を楽しむ娘

▲量が少ないかなーと思ったけど、かえって少ないほうが飽きずにできてちょうど良かった。

朝食

朝食はホットプレートでの調理して食べます。

ウフフヴィレッジの朝食の具材

▲食材、食器、器具は用意してくれるので、楽チン。

ウフフヴィレッジの朝食のメニュー表

▲こちらが朝食のメニュー。私は朝はあまり食べない派なので、量は十分でした。

ウフフヴィレッジの朝食のベーコンと卵をホットプレートで焼いているところ

▲ベーコンと目玉焼き。いい匂い~。

ウフフヴィレッジの朝食のトーストの作り方が書いてある手順表

▲おいしいと評判のフレンチトーストをいざ!焼きます。

ウフフヴィレッジの朝食のトーストが焼けた様子

▲じゃーん!上手にできたんじゃないでしょうか!

▲子どもたちも朝から楽しそうにお手伝いしてくれました。ホテルでバイキングもいいけど、こういうのがグランピングの醍醐味だね~。

フロント(管理棟)の売店にあったもの

フロントのある管理棟には、売店もあります。

ウフフヴィレッジのフロントの横にある売店

ウフフヴィレッジのフロント横にある売店の様子

▲いろいろなものが売っていました。

ウフフヴィレッジの入り口近くにあるお散歩用スリッパ

▲お散歩用スリッパが置いてありました。

ウフフヴィレッジのフロント横に売っているウノ、トランプ

▲トランプ、UNO、数字キャンドルが売っていました。

ウフフヴィレッジに売っているランタンなどのキャンプ用品

▲オリジナルのマグカップやステッカー、ランタンが売っていました。

ウフフヴィレッジに売っていたアイス

▲アイスも売っていました。価格は少し高め。

ウフフヴィレッジの管理棟の売店に売っている飲み物類

▲飲み物類。お酒も売っていました。

キッチンカー

ウフフヴィレッジのワゴンショップ

▲駐車場前には、クリスマスの装飾がされているキッチンカーが!オシャレ~。

ウフフヴィレッジのドリンクメニュー

▲飲み物はこちら。アルコール類もありました。

ウフフヴィレッジに泊まった感想

実は行く前はそれほど期待していなかった私たち。

キャンプもグランピングも初めてで不安もありました。

が、期待以上に良かった

掃除も行き届いていて、きれいで気持ち良く過ごせたし、BBQも朝食も焼くだけでOKのところまで準備がしてあるので簡単で子どもたちとたっぷり遊べました。

車が入ってこないから、安心して遊ばせられるのも◎。

持ち込みがOKなので、その土地ならではの食材や釣った魚なんかを焼いてもおもしろいなーと。

たしかにホテルの方が広いけど、トレーラーの秘密基地感が楽しかった!

テントと悩んだけど、トレーラーにして大正解。

初グランピングは子どもたちも楽しそうで新鮮でした。

充実した1泊2日で文句なしの時間を過ごせました。

お得なプランを見る⇒ 『UFUFU VILLAGE(ウフフヴィレッジ)

↓帰りはめんたいパーク伊豆へ寄りました(車で25分)

↓東へ車で1時間(山を越えます)

↓南へ車で1時間10分

ウフフヴィレッジの基本情報

  • 住所:〒410-3215 静岡県伊豆市月ケ瀬425−1
  • ホテルの公式HP:https://www.ufufu-village.jp/
  • アクセス:伊豆箱根電鉄「修善寺駅」からバスで約20分、東名高速「沼津IC」から約50分(伊豆縦貫道を通り「月ヶ瀬IC」を降りるルート)

コメント